神奈川のデザイン住宅会社おすすめ5選!  » 思い通りのデザイン住宅を建てるための基礎知識 » 注文住宅会社の選び方

注文住宅会社の選び方

このページでは工務店、ハウスメーカー、建築家(設計事務所)のメリットデメリットを紹介しています。デザイン注文住宅の依頼先の選び方の参考にしてください。

デザイン注文住宅の選び方をメリットデメリットで考える

工務店、ハウスメーカー、建築家(設計事務所)にはそれぞれ特徴があり、その違いを理解するためにも、ぜひとも複数業者に相談してください。
その際、頭に入れておきたいのが以下のメリットデメリットです。

  メリット デメリット
工務店  地元の気候風土や地盤などに精通している
 営業やアフターなどで小回りの利く対応が期待できる
 中間業者のマージンがなく予算削減の相談がしやすい
 個々の工務店による提案力や施工力の違いが大きい
 対応可能な工法がある程度決まっている
ハウスメーカー  全国どこでも一定レベルの品質が保たれている
 ブランドイメージに沿った完成形になる
 工法によっては工期が短くなる
 標準仕様外のプランには対応しないケースがある
 メーカーによって工法が限定される場合がある
 変形地だと標準仕様に合わない場合がある
建築家(設計事務所)  デザイン・設計の自由度が高い
 工事監理を委託すればプロの目できちんとチェックしてくれる
 建築家の個性と施主側の考えが合わない場合がある
 設計段階のやりとりに時間がかかる

なお、ハウスメーカーの場合、実際の施工は下請けの工務店が担当します。

建築家の場合、工事請負契約を結んだ工務店が施工することになります。

デザイン注文住宅で業者の選び方のポイントとは

実際に注文住宅会社を選ぶ際は、その企業についても調べておく必要があります。

提案力や施工力を簡単に見抜くことができませんが、相談段階では主に以下のような点をチェックするといいでしょう。

  • カタログや施工事例を見て得意なデザインテイストを知っておく
  • 口コミ掲示板などでその会社の評判をリサーチする
  • 保証内容や定期点検などアフターメンテナンスの仕様を比較
  • モデルハウスでは標準とオプションの違いを確認する
  • 営業マンの対応ぶりや迅速さ、相性などを吟味する