神奈川のデザイン住宅会社おすすめ5選!  » 思い通りのデザイン住宅を建てるための基礎知識 » デザイン・間取りの決め方

デザイン・間取りの決め方

このページではデザイン住宅を建てる時にポイントとなる外観デザインの選び方、間取りの決め方について解説します。

デザイン住宅の外観や間取りを決めるプロセスを考える

デザイン住宅を建てる際、デザインや間取りを決めるには住宅会社選びも含めて、それぞれの判断するポイントがあります。

自分たちの好みや家族構成などを考えてリサーチする

自分たち家族がどんな家に住みたいか、ウェブサイト専門誌展示場などを見て検討します。

特にデザイン住宅の場合、好みに左右される部分も大きいので、気に入ったメーカーや建築士を見つけて、モデルハウスで実物を見てみることをおススメします。

住宅会社による違いを知っておく

住宅会社によって複数の建築様式に対応するところと、特定の様式を得意とするところがあります。

また、建築士が社内にいる場合と外注する場合があるので、その業者の対応できるデザインを見極めましょう。

見た目のデザイン性と住宅性能という実用性のバランスを検討する

デザイン的な好みと耐震断熱などの住宅性能のバランスを考えるのは専門家のアドバイスが不可欠。

これは業者からの提案内容を比較検討することになります。

こうした点を踏まえて複数の住宅会社に相談して、外観や間取りのプランを具体的に絞り込んでいくのが無難です。

デザイン住宅の外観や間取りを決める時の注意点

納得のいくデザイン住宅を建てるための外観デザインの選び方、間取りの決め方について解説外観の違いはデザインの好みに大きく左右されます。

ただし、建築様式によっては工法や使う素材がある程度決まってしまう面もあるので、住宅会社には技術面での違いなどをきちんとヒアリングすることです。

特に欧米スタイルのデザイン住宅を建てる場合は、高温多湿な日本の気候風土に合わせた仕様で建てることができるのか、確認しましょう。

また、間取りについては数十年単位で検討すること。

子供の成長親世代の高齢化といった家族に訪れる変化についても、実績のある住宅会社なら考慮して提案してくれると思います。