神奈川のデザイン住宅会社おすすめ5選!  » 思い通りのデザイン住宅を建てるための基礎知識 » 予算を立てる

予算を立てる

このページではる注文住宅で家を建てる場合に大切な予算の立て方について、解説します。

失敗しがちな注文住宅の予算立ての仕方

注文住宅はオーダーメイドとなるため理想を実現しようとすると、ついつい予算オーバーしがち。

そこで失敗しがちなパターンとして、以下に2つの注意点にまとめてみました。

土地代、建物本体価格以外の費用を見込んでいない

家を建てる場合、土地代建物本体価格以外にも諸費用が数百万円単位で必要となります。

例えば、カーテンや照明器具、外構などの工事費用、保険や法的手続き費用、インテリア購入や引越にかかる費用など。

広告などでは建物本体価格が掲載されている場合が多く、これを見て土地を先に購入してしまうと、住宅会社に具体的な見積もりを提示された時点で総予算が合わないという事態になるわけです。

注文住宅では坪単価換算よりも予算が膨らみがち

建売住宅なら坪単価も一定の目安になりますが、要望を実現するオーダーメイドの注文住宅の場合、坪単価×延べ床面積の単純計算通りにはなりません。

同じ間取りでも使う部材建具ディテールでのこだわりなどによって総額はかなり変わってしまいます。

注文住宅でも効率的に予算をセーブする方法

オーダーメイドとなる注文住宅で家を建てる場合に必要となる予算の立て方について、重要ポイントを解説注文住宅会社でも予算の範囲で理想を実現するために、親身に提案をしてくれるところもあります。

しかし、現実問題としては施主側でもこだわりたい要素に優先順位をつけて、予算内に収まるように譲る部分も検討すべき。

その際に、比較的コストに影響しやすいポイントを以下に紹介します。

  • 複雑な形状の建物は材料・工事費がかさむので注意
  • キッチンやバスなどの設備はグレードによる価格差も検討する
  • 同じ面積でも間仕切りが少ない設計の方がコストは下がる
  • キッチン、バス、トイレなど水周りの設備を集中させれば配管費用が安くなる

また、土地を購入していないと相談にのってくれないハウスメーカーもあります。

しかし、資金計画はメンテナンスなどアフターも含めた総額で検討すべきもの。

できればファイナンシャルプランナーなど専門家に初期段階で資金計画を相談した上で土地購入する方が安心です。